結婚指輪は買ったら終わりではありません!メンテナンスの重要性を知ろう

Posted by admin on 2018年5月26日

耐久性がよくて劣化しにくい素材は…

家事をする時や仕事の最中も結婚指輪をはめたままの人って結構いますよね。結婚指輪のデザインは、ただ流行や美しさを追求するのではなく、日常生活になるべくなじみやすいように設計されているので、ずっと身につけていても大丈夫なんですよ。ところが困ったことに肌身離さず身につけていればいるほど、汚れや傷跡の問題に悩まされることに…。指輪のアームの部分が歪んだり、サイズ直しが必要になることもありますよね。お店で販売されている結婚指輪は様々な素材で製造されているので、最初からなるべく耐久性の高い金属でできているものを選んでおくのがオススメ。純度の高いプラチナやゴールドは柔らかいので劣化しやすいですが、ジュエリー用に加工してあるものは簡単には変色しませんし、耐久度も高くて安定性も抜群なんですよ。元々ブライダルジュエリーの素材としては高い人気を誇っていますね。金属アレルギーの人なら、肌に優しいチタンや医療用ステンレスを使った結婚指輪もいいでしょう。

専門的なメンテナンスをすることが大事

ホームケアでは対処しきれないトラブルがあっても、自分達が結婚指輪を買ったブライダルジュエリーのお店に行けばメンテナンスを受けられます。皮脂汚れの超音波洗浄や磨き直し、カラーゴールドのメッキの再加工などが主なメニューです。お店によっては無料の範囲内でもかなり充実したアフターサービスをしてくれますよ。普段から指輪を劣化させないために、指にはめたまま重いものを持ったり、温泉に入らないようにしてくださいね。

結婚指輪は一生に一度きりの買い物になりますので、どの品物よりも時間を掛けて購入すると、相手への気遣いを伝える事が出来るでしょう。