ワンルーム住居者に役立つローソファの弱点と改善策

Posted by admin on 2018年4月29日

ワンルーム住居者にはメリットが大きいです

ローソファの素晴らしいところは様々ありますが、まず第一に保有しておくだけでソファとしましては至極当然、ベッド的にも利用することができる点があげられます。更に、フラットの状態にすると家具のみでなく絨毯的なものにもなるでしょうし、脚があります非常に重いソファと照らし合わせると、軽いことから壁に対してたてかけることで部屋の中のスペースを空けることもできます。それから、ワンルームに暮らしている場合、いろいろな家具をセッティングすることはできません。加えて、大都会のワンルームは住居の家賃はロープライスであるものの、専有面積が地方都市の物件と比較して小さい住居が多くあります。そのような中で、イス、あるいはベッドという形で利用することができるほか、場合によっては壁に対して立て掛けることも可能なローソファは、ワンルーム住居者の頼もしい味方と言えます。

ローソファの弱みと解決案

脚がある椅子は、どんな人でも座り易いという利点があります。一方ローソファにおいては身長や足の長さにより座り辛いケースがあります。しかし、改善案はあります。ひとつの例としてお客さんが自宅に来るケースなどは、本、雑誌などが詰まっている程良い高さの段ボールを出してきて、ローソファの下側に置くと、誰でも座り易い脚付きソファへと替えることもできます。しかし、こうした形でしたら段ボール上にソファを積み上げているだけですから、背もたれを使うととお客さんがひっくり返ることがあります。従って、部屋のレイアウトをチェンジしてでも壁沿いに段ボールを置いて、その上に対してローソファを乗せ、お客さんがひっくり返ることの無いようにすることが重要になります。

食事もでき、くつろぐこともできるように、リビングとダイニングを兼用にするソファ ダイニングは、限られたスペースを広々と使うことができます。